ALL
お知らせ
イベント&見学会
アイウエオ
カキクケコ

栗のお話

2020/04/09

今回は無垢の施工方法についても触れていきます。

栗の木『チェスナット』は少し前は建物の構造材、家具などに多く使われてきました。構造材だけあって腐食に強く変形しにくい特徴があります。近年では原木が高価になった事もあり構造材では無く床材として利用される事が殆どです。栗は硬い材料で水廻りや傷、汚れが気になる方に適しています。色は全体的に茶褐色。施工後は落ち着いた風合に仕上がります。ただ冬場にはエアコンの暖気を蓄熱できず少し冷たい印象です。適材適所に使うと良いです。施工に関して無垢全般に言えますが木は膨張、伸縮を繰り返します。写真の様に1枚1枚にパッキン詰めしないと膨張した時に反り返す可能性があります。手間はかかりますが必要な工事になります。

ALL
お知らせ
イベント&見学会